多汗症治療にはいくつか治療法があります

多汗症の原因は様々で、男女問わず悩みとなりコンプレックスになるケースもありますが、皮膚科で多汗症治療することで治すことができる病気でもあります。

多汗症治療は皮膚科を受診します。



精神的なことから多汗症になることもあり、その場合には心療内科を受診する場合もあります。
また、美容外科を受診することも可能です。

皮膚科などクリニックでの多汗症治療は、いくつかあります。

手軽に治療するならボトックス治療です。

手のひらや脇の下など汗が気になる部分にボトックスを注入する方法で、ボトックスが作用している間は汗を抑えることができます。


施術時間は短く、効果は約半年〜1年程度ですが比較的安価なので気軽に治療できます。
薬物での治療もあり、精神的不安があると発汗を促すため精神安定剤を処方します。緊張を緩和するための薬で、発汗を抑制することはありません。

薬物療法は漢方を使用した治療法もあるため、医師に相談します。


不安や恐怖から発汗することもあるため、心身療法は主にカウンセリングを行ないます。



汗に対する不安などを取り除いて交感神経の働きを正常に戻します。


全てではありませんが、多汗症は精神的な原因が考えられるため、緊張などが頻繁にある場合などは心身療法が良い場合もあります。手術する方法もあります。



多汗症の手術は交感神経をブロックしたり交感神経を遮断する方法で、全身麻酔を使用するため手術中の痛みを感じることはありません。傷口も小さく体への負担も少ないです。
手術で発汗は遮断されますが、他の部位から代謝性発汗が起こることもあります。


代謝性発汗は予測することは難しいため、手術する場合はしっかり医師に相談する必要があります。